成長期に足に痛みが出てしまう要因とは(一過性なのでご安心を)

成長期というのは、足の痛みが出てきたりします。

 

1)急に身長が伸びると、骨が稽古に追い付けなくなったりして、
稽古軟骨という骨が筋肉に圧迫されてしまうため痛みを感じてしまうそうです。

 

 

 

こちらの場合には、足首や下腿三胸中筋のストレッチングを行うため
改善することができます。

 

2)成長期には、疲弊や精神的な状態で、痛みが出てくるような自分もいたりするそうです。
なので、成長期と骨の脈絡も分からない感じになっているそうです。
でも、子どもには痛みというのは辛抱ができないものだと思います。

 

*女子がちびっこを励ましながら、足をさすってあげると改善することがあります。

 

中には、泣くぐらい痛みが出てくるような子もいるそうですね、、、、。
それほどなってくると、結構に辛いものだと思います。

 

 

 

痛みがある場合は、すぐに医者に行き委託をするといいと思います。
そのままにしておくと、痛みを辛抱しなくてはいけない状態になってきてしまいます。
辛抱をせずに、すぐに教員に見てもらってください。

 

基本的に数週間続くか続かないかですので、ご安心くださいね。